2006年02月28日

さよならトリノ☆

イナバウアー!!
ども。ひっきーです。
トリノオリンピックもついに閉幕!日本はフィギュアスケートの荒川静香選手の金メダル1個という成績でしたね。
なかなかメダルに手が届かず、イマイチ盛り上がりに欠けていましたが、「終わりよければ全てよし」とはよく言ったもの。荒川選手の金メダル以降はまさに連日荒川フィーバー☆ 
各局でくり返し金メダルの演技が放送されたり、荒川選手の特集番組が組まれたり。もちろん私も彼女のイナバウアーに魅了されたクチです。

そして、私と荒川選手にはいくつか共通点があることを発見しました!!

まず、同い年だということ。
私の産まれた28日後に荒川選手は私と同じく品川区の病院で産まれたそうです。ということで私のほうがお姉さんだということなんですが、どう見ても彼女のほうが比べるまでもないくらい大人っぽい!色っぽい!艶っぽい!もう博子と遺伝子を恨むしかありませんもうやだ〜(悲しい顔)

次に、同じ大学に通っていたということ。
荒川選手は早稲田の教育学部卒。私は第1文学部卒。まさに4年間、キャンパスは違えど、同じ大学に通っていたんです。当時の早稲田では、ソルトレイクオリンピック出場を決めた1歳年上の村主選手だけが注目されていて、荒川選手の存在にはほとんどの人が気付いていなかったはず。私もそうですが・・・。

そんなこんなで挫折を乗り越え、金メダルを獲得した荒川選手はスゴイの一言です。
長野オリンピック出場後スランプに陥り、マスコミに叩かれ、翻弄された荒川選手。その経験から「マスメディアとスポーツに関する考察」というタイトルで卒業論文を書き上げたと某テレビ番組で紹介されていました。
客観的に自分の置かれた状況を見るのってなかなか難しいことだと思いますが、それが今回の金メダルにつながったんですねー。尊敬の一言です。今回はちょっとまじめに書いちゃったな。ちなみに私の卒業論文のタイトルは「興福寺西金堂の八部衆像」。すげぇマニアックあせあせ(飛び散る汗)
posted by as-inc at 19:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 編集部熱中便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
次回のブログは「興福寺西金堂の八部衆像」についてですか?
Posted by at 2006年03月01日 02:15
>次回のブログは「興福寺西金堂の八部衆像」についてですか?

コメントありがとうございます。これは・・書けってことかな?仏像の話なんて聞きたいですか?
まったく考えてなかったんですけど、じゃあいつか書きます!
Posted by ひっきー at 2006年03月01日 09:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13929871

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。