2006年06月06日

ナビスコ・カップ準々決勝

いよいよワールド・カップの開幕が近づいてきたゾ!
なんて、代表試合にあまり興味ないおじい。
最後に代表観にいったのが横山監督の時。しかもユニが赤の時代だ。
そんな代表に疎いおじいにも、心ときめくビッグニュースが飛び込んできた。
そう!我らFC東京のモニがマコっちゃんに代わって代表に召集。
モニといえば水内〜藤本と受け継いできたJの宴会部長ですよ。
そんな男が日の丸を背負ってピッチに立つなんて未だに信じられませんワ。
がんばれモニ!だが、酔って海外に行くなんて勘違いすんなよ。

世間が高原だ!巻だ!なんて騒いでいる中、週末は外出せずナビスコ・カップ準々決勝4試合全てスカパーで観た。
いや〜っ、4試合とも凄かったよ。ほんとに。
なんでJって注目されないのかね。クラブチームがあってこその代表なのに。
横浜×磐田でさえ土曜なのに9,000人。今こそ久保を観に行くべきでしょ。劇的なゴール決めたしね。
マリサポの歓喜の声聞いてたら、うらやましくて悔しくて泣いた。
ワールド・カップなんてただのお祭りだと割り切って、Jでがんばってほしいな。

ワールド・カップやUEFAチャンピオンズ・リーグでもベスト8がいちばん面白い。
優勝まではまだ遠いし、トーナメントの勝ち方は知らないが勢いのあるチームが残っているので、結構激しいゲーム展開になるためだ。
特に凄かったのが浦和×川崎
ブッフバルト監督自身が「これぞ(リーグ戦)1位と2位のチームのゲーム」と興奮していたほど壮絶な打ち合いだった。

明日、明後日、分散して行われる準々決勝の2ndレグが終わればJ1は本当の中断に入る。
この中断時、各チームはどんな建て直しをはかってくるのか。
東京のポゼッション・サッカーは開花するのか。
7月19日まであと1ヶ月。東京のDVDでも観ながら時間を潰そうと思ってます。

(おじい)



posted by as-inc at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。