2006年07月06日

HEROから学ぶ山口弁/お国自慢〜方言編〜

みなさん!今週月曜日のHERO見ました?目
2001年にフジテレビ系で放送され、大人気だった「HERO」のスペシャル版が放送されました。

キムタク演じる、通販好きの久利生検事!
うんうん、懐かしい!と思ったのは登場人物だけはありません!
久利生検事の新たな赴任先となった虹ケ浦支部の人々が話す、山口弁
きれいな海が印象的な「虹ケ浦」は私の、故郷「山口県」が舞台となっていたのです。

以前、山口県の自慢(!?)として、「黄色のガードレール」のお話をしましたが、今回は方言についてお話したいと思います。

地域によって差はありますが、山口弁の特徴といえば・・・

●語尾に「〜ちゃ」、がつく 例)「そんなことしないよ」⇒「そんなん、せんっちゃ」
※地域によって「〜そ」、「〜ほ」となる場合もあり。
●「〜している」⇒「ちょる」 例)「今電話してるよ」⇒「今電話しちょるよ」
●「とても」=「ぶち」

HEROを見ながら、こんな山口弁使ってたな!と懐かしく思ったり、恥ずかしく思ったりあせあせ(飛び散る汗)、なかなか楽しかったです!るんるん

私は大学進学で県外に出たのち、各地を転々としているため(笑)、山口弁はすっかり抜けてしまいました。
でも、電話で親や友達と話すときや、本当に無意識の時、ふと出てしまいます。あせあせ(飛び散る汗)
やはり体に染み付いているのですね〜。ぴかぴか(新しい)


東京に来てまだ1年半ですが、つくづく思うこと。

方言を話す女の人、

男の人はかわいらしい!!


方言って味がありますよね!
あくまでも私の独断と偏見ですが・・・たらーっ(汗)
posted by as-inc at 20:13| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。