2006年03月27日

好吃(ハオチィ)♪

⇒中国語で『美味しい』の意。
son.です。
今日は中国四千年の歴史がギュッと詰まった、身体にもお肌にも好吃な火鍋専門店『天香回味(テンシャンフェイウェイ)』をご紹介します。
場所は地下鉄銀座線三越前駅から徒歩1分。日本橋三越を背に1ブロック先を右折したら左手にCHINAな看板が見えてきます〔map

ここで店名にもなっている『天香回味鍋』の薀蓄を。
「かの有名なモンゴルの英雄チンギスハーンが、『天下を取るには強靭な身体こそが必須。それには飲食による十分な栄養補給が最も簡単且つ有効な方法である』と考え、一族を挙げてその料理法に取組み、遂に60種類もの天然の植物エキスを抽出したスープで食する鍋を誕生させた」と。
・・・チンギスハンて 実は料理人!?
いやいやいや。『身体が資本』とわかっててこその英雄ですから。

お味の方は。
60種類もの天然植物エキスの味なんて一言では表現しきれませんが。。
そうですね。味というより香りを楽しむと言った方が近いかもしれません。
丸いお鍋が真ん中で二つに分かれていて、片方は辛口の天香鍋、もう片方は甘口の回味鍋。好みの味のお鍋に好きな具を入れてグツグツ。。
具は肉・魚介・野菜・キノコ・豆腐なんでもありで、珍しいところでは、台湾ならではの霊芝茸やアガリスク茸、豪華にフカヒレ、ほくほくサツマイモ等。。
単品でも選べますし、小龍包などの飲茶や愛玉子ゼリーなどのデザートを含むコースもあります。

何しろアッツアツだし 新陳代謝は良くなるしなので、一緒に行くのはお化粧がくずれてしまっても気にしなくていい人を選んだ方がいいかも。スゴイんです、汗が。。
でもスッキリ!気のせいかその夜からお腹もスッキリぺたんこ、身体が軽くなったような気がしましたよ。

気分は 春〜♪だけど『やっぱまだ寒いねー』っていうとき、いかがでしょう!


son.
posted by as-inc at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

ハンバーグ食べたーい!

はじめまして!
大井町在住のsonoco.です。
第1弾ということで地元大井町をご紹介します。
今や新幹線も停車する品川駅のお隣さんだというのに、ひと駅でママチャリの台数がグッと増える、和む〜(´ー`)街です。

そんな大井町にひっそりとmaruはあります。
幼なじみの友人夫妻の経営するTHE「ハンバーグ屋さん」なのですが、
...いえ。
ここは敢えて「ハンバーグ屋さん」と言い切らせてください。
だってマスターはあの『つばめグリル』で修行なされたお方なのですから。
メインは、ジュージュージュワジュワ音を立てて饗される『包み焼きハンバーグ』。包みを開けたとたんデミグラスソースのあの幸せな香りが。。パァァ(´∀`)
『maru』のデミグラスソースはソースなのにお肉が入ってるんですよ!やわらか〜く煮込まれた牛のお肉が。。
みなさんハンバーグにお肉がのかってるとこ見たことありますか!! どっちもメインじゃんっ!手(パー) てツッコミたくなるってもんです。
パテの量も選べるのでお腹と相談できますね。私はいつも大きめを注文してみんなと仲良く、です。
営業時間が〜21:00end(LO20:30)と少し早めですが、ガッツリいきたい夜ごはんにはオススメですよ。もちろんガッツリいきたいお昼にもいいですね。
そうそう。
この『maru』夫妻は6つと2つのお子たちの父ちゃん母ちゃんでもあるので、小さなお子連れのご家族には理解が大きいみたいです。ミッフィーちゃんのスプーン&フォークセットを出してくれたりだとか。小さなお子様のいらっしゃるお父さんお母さん、オススメですよ。
もちろん友達同士でも会社帰りにでも。
あと、フライパンで温めるだけのTAKE OUTも作ってもらえるのでお家でも楽しめますね。








posted by as-inc at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

同姓との食事にどうぞ♪

やあ、Fです。
この土曜日に中目黒在住の友人と食事をしたので、そのお店をご紹介。

お店の名前は串若丸。所在地は東急東横線沿線の中目黒駅から徒歩5分程度の場所。
雰囲気はオシャレ度ゼロのおっさん臭さ満点ですし、店内も狭くゴミゴミしているので、優劣度の高い合コン(ニュアンス分かるよね?)には全く不似合いですが、味のほうは私が保証します。
メニューも、トマトを素焼きした「トマト焼き」や鶏にウニを乗せて焼いた「ウニ焼き」等の微妙に珍しいものもありますが基本はベーシック。その中でも私がオススメしたいのは、「たぬき焼き」(下記写真あり)と「あなごの白焼き」です。
前者は【しいたけに鶏の挽き肉をつめた、ジューシーな肉汁たっぷり】な品なのでビールで豪快にいき、後者は【薄い味付けで焼いたあなごに、わさびを付けていただく】品なので日本酒でキュッと粋にいきましょう!。
下の写真ではわかりづらいかもしれませんが、焼き鳥の具がかなり大きいので、串一本の値段は少し高いですが、一人4,000円程度あればかなり満足できるのでは? 私のようにお酒をかなり飲む方はこの限りではありませんので悪しからず(笑)。

このお店はいつ行ってもほぼ満席なので、少しの時間並ぶくらいの覚悟は必要ですがその価値はありますよ。
ここで軽く飲んで良い気分になり、恵比寿、青山、渋谷方面の夜の街へタクシーを飛ばして夜遊びに行くのが正しい活用方法かな、と。是非ともお試しくださいませませ。

(ホームページは所有していないようなので詳細データは以下参照)
店名:串若丸
住所:東京都目黒上目黒1-19-2
電話番号:03-3715-9292
営業時間:17:30-24:00くらい(閉店時間は結構アバウトみたいです笑)
4回目画像
posted by as-inc at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

東京うまいもんめぐりin月島

ひっきーです。
前回の築地おのぼりさんツアーに続く第2弾。
今回ご紹介するおのぼりスポットは、東京・月島。月島といえば、なんといっても「もんじゃ焼」が有名ですよね。私は、お好み焼きよりも、ゾウさんよりも、キリンさんよりも、もんじゃ焼きのほうがもーっと好きです黒ハートあの、トローリとカリッとが融合した絶妙な食感のハーモニーがたまりません。
私が足を運んだのは海鮮もんじゃ けいさん。なかなか人気があるようで、私たちが食事している間にも寒空には順番待ちの列ができていました。
私がどのもんじゃ焼屋さんに行っても必ず頼んでしまうのは「明太もちチーズもんじゃ」。明太子のプチプチ感と、とろーりとしたチーズとおもちが最高に美味ですハートたち(複数ハート)
そして、今回私が新たにチャレンジしたのが「トマトもんじゃ」。四つ切りトマトがどーんと出てきた瞬間はちょっと戸惑いを感じますが、そこは思いきって鉄板へ。くずして、最後にチーズをトッピング。すると、なんだかとってもイタリアンな一品に。味はトマトの甘みと酸味がきいていてなかなかおいしゅうございました。

トマトもんじゃ.jpg
トマトもんじゃ(この状態じゃなんだか分からなくなってますが・・・)

うちの母は「なんかベチョベチョしてて嫌」と言っていたのに、実際食べてみたら「おいしい。おいしい。」とあっさり食わず嫌いを克服しましたぴかぴか(新しい)
まだ食べたことのないあなたも一度お試しあ〜れレストラン

海鮮もんじゃ けい
家中央区月島1−25−9
電話03-5548-7878
時計17:00〜22:00(L.O.21:15)、土日祝12:00〜22:00(L.O.21:15)
定休日:無
posted by as-inc at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

おすすめレストラン〜新宿・シンドバッド

皆さんはレバノンと聞いて何を思い浮かべますかexclamation&question私はというと、レバノン杉に、レバノン杉に・・・レバノン杉あせあせ(飛び散る汗)
レバノンについてこれだけの知識(たらーっ(汗))の私ですが、先週レバノン料理というのを食べに行ったので紹介しますねるんるん

まず何故レバノン料理をexclamation&questionってところからだけど、先週友達が福岡から来てた。では、一緒に夕飯でもとなったんだけど、友人は東京に来たのは5回位。上京して1年経過の私は、ここで1年前の私とは違うのよグッド(上向き矢印)と、張り切って福岡にはないであろう料理をチョイス。それがレバノン料理屋「シンドバッド」だった訳ですわーい(嬉しい顔)

新宿駅を降り、都庁を横目にみつつ見つけた新宿アイランドタワーのB1にある「シンドバッド」。入り口は綺麗にライトアップされ、薄暗い店内はとても落ち着く雰囲気夜

初めてなのでおすすめコースを頼んでたんだけど、まずは前菜セットのタブーリ、ホンムス、ババガヌージ。これを一緒に出てきたピタパンで挟んで食べるんだけど、これが美味しいるんるんピタパンはインドのナンの様な感じで、特にオススメはホンムス!ほんのり甘くて、日本のきな粉のような甘さで日本人の口には絶対合うはず!!その後は白身魚やチキンなど出てきて、メインのカバブ。これがすごく豪快(> <)
お肉を串焼きにしていてラムとチキンの2種類あり、ラムがオススメ。全く臭みはなくてとても香ばしくてどんどんいけちゃいまするんるん
ちなみに、アルコール類も種類が多くて私のオススメはレバノンの蒸留酒アラック!!とても強くてとても甘い。癖になる味ですよるんるん

そして、食事中とても気になったのがナインティナインの岡村似と、一青 窈似の店員さん。日本語がとても上手で、周りにいつも気を配っていて欲しいものをすぐに出してくれる。素敵な店員さんです黒ハート

和食もイタリアンもいいけど、ときにはこんなレバノン料理はいかがですかexclamation&question


posted by as-inc at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

東京うまいもんめぐりin築地

ひっきーです。土曜日、朝6時に起床して築地に行ってきました。前日は飲み会だったので、睡眠時間は4時間ほど。普段の休日なら昼過ぎにならないと起きないところです。
お目当てはモチロン新鮮な海の幸!朝からガツンと海鮮丼でも食べようじゃないかと、朝から化粧もそこそこに築地に繰り出したわけです。
ちなみに同編集部のいっつんは二日酔いのため、戦線離脱しました(笑)

いっつんの遺志を引き継ぎ、まずは腹ごしらえに築地場内の「大江戸食堂」へ。既に何人かの列ができており、海外からのお客様や東京観光中と思しきおのぼりさんがチラホラ、ガイドブック片手に並んでおられました。

私が注文したのは「5点盛り」。ウニ・イクラ・マグロ・エビ・ネギトロがのっかって、お値段1,700円也有料。私は味噌汁をしじみ汁にしたので1,800円有料

海鮮丼.jpg

どーですか、この盛具合?おいしそうでしょ?たまには早起きもいいもんです。 その後、市場でウニ・マグロ・牡蠣・数の子をゲット。牡蠣は鍋に入れて食べました。これからの季節、やっぱり鍋ですよね〜。

築地はお正月に備えての買い出しでも外せないスポットです。皆さんももおのぼりさん気分で足を運んでみてください。

大江戸食堂
家中央区築地5−2−1(8号館)
電話03−3547−6727
時計04:30〜13:30
休業日:日曜・祝日・休市日

大江戸食堂.jpg

電車築地市場へのアクセス電車
・大江戸線「築地市場前駅」 徒歩1分弱
・日比谷線「築地駅」 徒歩5分
posted by as-inc at 12:20| Comment(0) | TrackBack(1) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

おすすめレストラン 新宿 アカシア

私が今回ご紹介します、オススメレストランは、新宿にある「アカシア」です。
ここは、7〜8年前に会社の先輩に連れてってもらい、それ以来2〜3ヶ月に一度は
くるようになった、ロールキャベツが有名なお店です。

店内は昭和初期なのか、レトロな雰囲気で、なんとなく懐かしくなる感じです。

ロールキャベツ以外にもメニューがあるのですが、お客さんの8割はロールキャベツを注文
してます。
私も、ロールキャベツ以外は注文した事がないです。(なんとなく)

寒い時期にぴったりなロールキャベツ、一度訪問してみてはいかがですか?

★アカシア
新宿本店: 新宿区新宿3-22-10 (アルタ裏)
TEL: 03.3354.7511
11:00-22:30(LO)
定休日:水曜日

http://www.restaurant-acacia.com/acacia.htm
posted by as-inc at 12:59| Comment(0) | TrackBack(1) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

東京おすすめカフェ〜「カフェ・モフ」〜渋谷

東京に住んでいながら、なぜか福岡から遊びにきた友達に連れてきてもらって初めて行った渋谷パルコ・・・。
休日の渋谷の人の多さと若者パワーに圧倒され、よろよろしながらたどり着いたのが渋谷パルコパート1・1Fにあるカフェ「モフ」です。
ちょっと変わったインテリアがあり、カフェというよりおしゃれなバーのような雰囲気。
ショーケースには小さいワンホールケーキが何種類も飾ってあって、どれにしようか迷ってしまうほど!
写真はいっつんイチ押しのシフォンケーキのモフモフストロベリー

タワーのようなケーキで、一見かなりのボリュームがあり 食べきれるのか〜?という感じ。
でも食べてみると甘さ控えめでのシフォンケーキなので、かなり食べやすく、気づいたら完食してました。あ、いつものことでした。(笑)

通りに面した窓際の席に座ると、道行く人々が観察できるので、思わずちょっとピーコきどり(?!)で渋谷のオシャレな若者のファッションチェックを
しちゃいました。

ちなみにお店はあの妻夫木くんの御用達のお店らしいです。入り口に誕生日パーティの写真が飾られていました!
さすが東京!ミーハーな私にはたまりません!

モフモフストロベリー.jpg
■カフェ・モフ■
住所:渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコPART-1 1F
営業時間:10:00-24:00
TEL:03-5456-8244
posted by as-inc at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美味しいカフェでも

「東京は夜の7時♪」(pizzicato five)というわけで、こんばんわ。編集部のFです。現在、会社帰りの東横線の車中でこの文章を書いています。
前回は「使いやすいレストラン」を紹介させていただいたので、食事の後はカフェを紹介しなければいけないな、と身勝手な使命感を抱き「美味しいカフェ」について書かせていただきます。

場所は東横線沿線の自由が丘。お店の名前は「カフェ・トレボ」。下記の詳細データを参照いただければ分かるとおり、いわゆる店舗はワゴン車(ただし、動きませんけど)。なので、これからの寒い季節だと敬遠される方もいらっしゃるかと思いますが、ワゴン車の前には実用性の高い石油ストーブが設置されているので大丈夫。ここで暖をとりながら、美味しいコーヒーを飲むことができます。暖かい季節にはお店の所在地である、グリーンストリート沿いに多数設置されているベンチに腰掛けながらゆっくりとお茶をすることができますよ。
値段設定としても、本格的なコーヒーが150円〜ということで非情にお得。しかも本当に美味しいんです! 味覚オンチな私が美味しいというくらいなんだから、多分本当に美味しいんですよ。
お店のおすすめであるエスプレッソ類は当然ですが、カフェ・モカも美味しいし、ココアも美味。多分、このお店のメニューは何でも美味しいんじゃないかな? だって店長(唯一の店員さん?)のお姉さんの笑顔が素敵なんです! 無意味に感嘆符を付けてしまいたくなるくらいに、素敵な笑顔が出せるお姉さんなんです。そんなお姉さんの笑顔を見せられたら、普段だったら疎ましく感じて足蹴にしかねないハトの群れにさえ、無闇に餌をあげてしまいたくなってしまいます。素敵な笑顔って魔法のようですね…。魔法に違いないよ! 俺は魔法にかかったんだ!……。うるさいね、我ながら(笑)。黙りますよ。

客層としては学生のサークル仲間、デート中のカップル、買い物途中のOLさんなどかなりバラバラ。性別、年齢を問わずに多くの方々に愛されているお店です。
気軽に立ち寄ることができるお店ですので、自由が丘に来た際には是非とも立ち寄ってみてくださいませ。

カフェ・トレボ
世田谷区奥沢5-26-9 無印良品の横のワゴン車
定休日:月曜日(雨天時やお姉さんの都合でも休むようです笑)
営業時間:11:00〜20:00

7回目画像.jpg
posted by as-inc at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

使いやすいお店

はじめまして。Fです。
私は「東京おすすめレストラン」を紹介します。自慢じゃありませんが、超のつく程の偏食であり味覚オンチを自覚していますので、ここではいかに「使いやすいか?」にポイントをあててお店を紹介します。
えっ? 「美味しくもないレストランを紹介してどうすんの?」なんて正しいツッコミはしないでくださいよ! そこは20代の健康的な成年男性らしく、いろんな意味での「使いやすさ」を考慮しつつ��ということで、勘弁してください。

東銀座にあるginzazettonがそのお店。このお店の何が良いかって言うと、地下1Fから地上4Fに渡り同じお店が運営しており、それぞれのフロア毎に座敷や個室、ラウンジと設けられているので、一次会は座敷でくつろいで、二次会は個室で騒ぎつつ、その後地下のラウンジに移る��という動きが容易にとれるところ。お店の移動って基本的に面倒臭いけど、場の雰囲気を変えるための最高の処方箋は『目に見える景色を強引に変える』しかなくないですか? ちなみにラウンジはソファも照明も真っ赤でスペイン育ちの私は(ウソなんだけどさ)非常に居心地が良いです。
場所柄、学生などの元気な若者も皆無ですし、20代半ば以降の方々には非常に重宝するお店だと思いますよ。
メニューについても少し言及しときましょう。このお店の本社は名古屋ですので「味噌カツ」や「海老天ムス」等が食べられます。味は若干、東京風に薄目に仕上げられていると思いますが、実はあんま覚えてません。だって、「使いやすさ」という項目においての「味」の占める割合なんてその程度のものじゃありませんか? 違いますか? 違う? そうですか��。ごめんなさい。謝りますよ。

●「ginzazetton」ホームページ/http://www.zetton.co.jp/j/guide/guide_gz.htm

hatikaime
posted by as-inc at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。